ベトナム・ライフスタイル

【まとめ】ベトナムでSIMを利用する方法

更新日:

ベトナムでSIMを利用する方法についてご紹介します。SIMカードはベトナムの空港で購入することができます。どんな携帯キャリアがあり、どのSIMがおすすめなのかベトナム在住者がお伝えします。

Wi-Fiルーターよりも価格が安く便利なSIM。これを機にSIMを使いこなしてみましょう。

 

ベトナムのインターネット事情

ベトナムでは空港やレストラン、ショッピングモール、ホテルなど、ほとんどの場所で無料Wi-Fiを利用することができます。ローカル向けのレストランでもWi-Fiをつなぐことができます。そのため、数日間の滞在であるならWi-Fiのみで滞在することも可能です。

 

しかし、配車サービスのGrabを利用したい場合は、好きな場所からバイクやタクシーを呼ぶことができるため、SIMカードやWi-Fiを借りた方が便利です。

 

2ベトナムの通信会社

ベトナムには主要な通信キャリアが3社あります。ここでは、それぞれの会社について見ていきましょう。

Viettel

Viettel(ヴィッテル)は、ベトナム国防省が運営している国営企業です。ベトナムでシェア1位の会社です。

Vinaphone

Vinaphone(ビナフォン)は、ベトナム郵便通信公社(VNPT)系が運営している国営企業です。ベトナムでシェア2位の会社です。

Mobiphone

Mobiphone(モビフォン)は、ベトナム郵便通信公社(VNPT)系が運営している国営企業です。ベトナムでシェア3位の会社ですが、外国人ユーザーが多くいます。

 

どのキャリアがおすすめ?

上記3社の価格やプランに差はあまりありません。どのキャリアも1カ月100,000VND(500円)で電話とインターネットを利用することができます。

ViettelとMobiphoneを利用している人が多いことから、迷ったらViettelまたはMobiphoneにするのが無難です。使い方が分からない場合、他の人に聞くことができるため便利です。

 

SIMの買い方・使い方

ここでは、SIMを購入したことのない方に向けてSIMの買い方・使い方を説明します。

筆者もSIMを使うのは難しそうと思っていましたが、思ったよりも簡単に利用することができます。

以下の流れで準備することでスムーズに利用できます。

 

事前準備

SIMロックを解除する

SIMを利用するには、SIMフリーの携帯が必要になります。大手通信キャリアで契約している場合、SIMはロックされており、解除の手続きが必要になります。この解除ができるのは、携帯を購入して半年経っていることが条件となります。

解除手続き自体はインターネットからできます。

docomo|SIMロック解除の手続き

au|SIMロック解除のお手続き

SoftBank|SIMロック解除

 

SIMカード取り出し用のピンを持参する

旅行時にはSIMのピンを持参することをおすすめします。日本に帰国した際に、日本のSIMに差し替える際に利用できます。日本の空港では、ピンを借りるのもレンタル料(100~200円程)がかかります。小さくかさばるものではないことから、忘れずに持っていきましょう。

 

ベトナムにて

ベトナムに到着したら、さっそく空港でSIMを購入しましょう。

その他にも、市内の携帯ショップでもSIMを購入することができます。

 

両替する

SIMを購入するには現金が必要になります。そのため、まず空港に到着したら現地通貨(ベトナムドン)に両替しましょう。

 

SIMを購入する

①携帯キャリア・プランを決め、料金を支払う

上記に関しては、滞在日数や4Gを利用したいなどの要望を言えば、店員さんがおすすめのキャリアやプランを教えてくれます。初めてSIMを利用する方で、どのプランにすればいいか分からないという方でも心配する必要はありません。

②パスポートとスマートフォンを渡す

SIMを入れたいスマートフォンを店員さんに渡し設定してもらいます。SIMの差し替えから登録までしてもらえるため、登録の手続きなどは必要ありません。

また、SIMを買う際にはパスポートの提出が義務付けられています。ベトナムの情報通信省が携帯電話の加入者に対し、パスポートの情報を登録することを義務付けたからです。

③パスポート、スマートフォン、SIMカードを受け取る

パスポートとスマートフォンを受け取る際に、必ず日本で使用しているSIMカードも忘れずに受け取りましょう。SIMカードは、日本に帰国した際にまた利用するためなくさないように保管しましょう。

 

データがなくなったら

プランはプリペイド式であることから、容量を使い切ってしまった場合はチャージすることができます。ハノイではサークルKやVinmart+などのコンビニで購入できます。

 

日本帰国後

SIMを入れ替える

持参したSIMカード取り出し用のピンを利用し、スマートフォンの電源を切り日本で利用していたSIMに差し替えます。この際、何も設定する必要はありません。契約していた通信キャリアのデータを利用することができます。

 

まとめ

海外で自由にインターネットに接続したい場合、SIMを利用するのが一番お財布にやさしく便利です。

SIMの設定方法は他の国でも基本的に変わらないため、一度利用すると海外旅行時には欠かせないものになります。登録方法も難しくないことから、ベトナムに来る際にSIMを利用してみてはいかがでしょうか。

VEHO PRESSでアジアに一括プレスリリース配信!

VEHO Pressでは、ベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの4000を超えるメディアに、プレスリリースを配信することができます。 記事作成、各言語への配信、その他アジアでの広報相談も承っております!

見込める効果

  • アジアで現地で認知を通した売上の拡大
  • アジア現地の人材を獲得
  • 社員のロイヤリティ向上
  • 手間なくアジアで広報活動ができる
 

もっと詳しく

 

-ベトナム・ライフスタイル
-, ,

Copyright© VEHO PR BOX , 2020 All Rights Reserved.