広報お役立ち情報

アジア・ベトナムでのプレスリリース配信が難しい理由と解決策は?

更新日:

アジア・ベトナムでのプレスリリースは重要!

現在、ベトナムをはじめとしたアジア各国は人口の中で若い層の割合が高く働き手を確保しやすいことから経済的に非常に盛り上がっており、マーケットとして非常に魅力的な地域となっています。

そして、企業が海外に事業を拡大する際に、プレスリリリースを配信することは非常に有効的な施策であることは以前解説しました。

「この会社好き」を作る!ベトナムでプレスリリースを配信する効果

しかし、多くの企業において、アジア・ベトナムはプレスリリリースの配信が難しい状況にあります。

今回は、日本企業がアジア・ベトナムでのプレスリリース配信が難しい理由とその解決策を解説していきます。

 

アジア・ベトナムのプレスリリース配信の難点とは?

日本では当たり前にプレスリリースなどをしていた企業でも、アジア・ベトナムに拠点を作った途端に広報活動の動きが鈍くなることが多くあります。

挙げられる理由として、

  • ベトナム語など現地の言語が分からない

  • 人員が足りない

  • 広報人材がいない

  • 現地メディアを知らない

  • 現地メディアとのリレーションがない

と、以上のようなものがあります。これらについて、順を追って解説していきます。

ベトナム語など現地の言語が分からない

ベトナムに限らず、アジアで広報活動をしていくにあたっての大きな壁は、言語の壁です。

プレスリリリースを含めて、広報の原則は社会とコミュニケーションをとることなので、言語の違いは非常に厄介です。

もし仮に、英語でのプレス配信が可能であっても、アジア諸国やベトナム国内で英語のメディアを見ている人はごく一部です。

情報を届けたいターゲットにもよりますが、ベトナム語・アジアの現地語でのプレス配信が好ましいと考えられます。

 

人員が足りない

アジア・ベトナムに拠点を立ち上げる際には、少ない人員でプロジェクトを推進する企業が大半です。

そのような状況になると、広報やプレスリリースまで手が回らないというパターンが多く見受けられます。

 

広報人材がいない

もし、人員的な余裕があったとしても、広報の経験がないからできないという状況もあります。

プレスリリースには効果的な書き方や、タイミングがあるため、経験がないと掲載されるプレスリリースを配信することが難しくなります。

 

現地メディアを知らない

伝えたい情報を伝えたい人に届けられることはプレスリリースを配信する上でかなり重要になります。

そのためには、各メディアがどのような分野の情報を発信しているのか、どのような人がそのメディアを見るのかを知る必要があります。

しかし、そもそも進出のタイミングではどのようなメディアがあるかが分からないのがほとんどです。

メディア名を知っていたとしても、メディアの特色まで理解するのは至難の業と言えるでしょう。

つまり、現地のメディアをよく知らない状況では、ターゲットから遠いメディアに掲載されても効果的な配信とは言えません。

例えば、スポーツ雑誌にテクノロジー関連のプレスリリリースを送っても、メディア記者は興味を持ちません。

たとえ、記事がスポーツ雑誌に載ったとしても、正しくターゲットに情報を届けることは難しいでしょう。

図2の中で、AとBの流れを見ると、Bの流れの方が効率的ですよね。

なので、プレスリリースを配信する際は、各メディアの情報を正しく把握しておかなくてはなりません。

しかし、アジア・ベトナムには非常に多くのメディアがあり、ほとんどのメディアがベトナム語などの現地語を使っています。そのため、情報を発信したいメディアを探すのは非常に難しいです。

 

現地メディアとのリレーションがない

仮に現地のメディアを熟知していたとしても、「知らない企業から送られてきたニュースをメディアが取り上げる可能性」は非常に低いという傾向があります。近年フェイクニュースが横行している中で、メディアもニュース選びに慎重になっているのです。

逆にいえば、きちんとリレーションを築いているエージェントを通せば、メディアはニュースを信頼し取り扱ってくれる可能性が大きくなります。

 

アジア・ベトナムで効果的にプレスリリースを発信するには?

上記の要素によって、アジア・ベトナムでのプレスリリース配信は難しくなっています。

この問題を解決する策は、

  • 広報経験があり、ベトナム語などの現地語が堪能な人材の確保

  • プレスリリース配信サービスを利用する

と、基本的に以上の二つしかありません。

 

広報経験があり、ベトナム語などの現地語が堪能な人材の確保

一つ目の解決策は、広報経験がありアジア諸国の言語やベトナム語などの現地語が堪能な人材を確保することです。

この方法を用いれば、「ベトナム語などの現地語が分からない」「人員が足りない」という問題が解決されます。

しかし、年数回のプレスリリース配信のために人を雇うためには、条件にあった人材を探す採用コストや人件費がかかります。

そういった点を考えると、広報担当者を雇うことは簡単なことではありません。

 

プレスリリース配信サービスを利用する

プレスリリース代行配信サービスを利用することによって、アジア・ベトナムでのプレスリリースをより簡単に配信することができます。

海外向けにプレス配信を代行している会社のほとんどが翻訳サービスを提供しています。

また、プレスリリースのプロが配信するため、配信のタイミングや書き方を熟知しているだけではなく、独自のメディアリストを用いてメディア選別をすることによって、届けたい情報を届けたい人にリーチするようにプレスリリースを配信できるのです。

 

まとめ

アジア・ベトナムで事業拡大を図るのであれば、プレスリリース配信は欠かせない施策の一つです。

しかし、事業拡大時のプロジェクト特徴(人員不足など)が原因でアジア・ベトナムでのプレスリリースは難しいものであると考えられています。

しかし、プレスリリース配信代行の会社を利用することで、アジア・ベトナムでのプレスリリース配信のハードルをぐっと下げることができます。

アジア・ベトナムでプレスリリース配信を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

VEHO PRESSでアジアに一括プレスリリース配信!

VEHO Pressでは、ベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの4000を超えるメディアに、プレスリリースを配信することができます。 記事作成、各言語への配信、その他アジアでの広報相談も承っております!

見込める効果

  • アジアで現地で認知を通した売上の拡大
  • アジア現地の人材を獲得
  • 社員のロイヤリティ向上
  • 手間なくアジアで広報活動ができる
 

もっと詳しく

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IshiwataYudai

Yudai Ishiwata

明治学院大学国際学科→セブ島→ VEHO Works ベトナムの首都ハノイ、VEHOストリートで働いてます。 ハノイで二郎系ラーメンを探しています。情報提供よろしくお願いします。

-広報お役立ち情報
-, , ,

Copyright© VEHO PR BOX , 2020 All Rights Reserved.