ベトナム・ライフスタイル

#01「向き、不向きはやってはじめてわかる!」〜竜田唐揚げ弁当を食べた翌日「アクセンチュア」を辞めた話。オーストラリアへワーホリ、マレーシアでインターン、世界一周は途中でやめてもいい!

更新日:

【2016年2月29日、和島がスタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生たちを前に、新卒で「アクセンチュア」で働き始め2年半後に会社を辞め、オーストラリアへワーホリに行き、その後マレーシアで医療観光ビジネスを立ち上げる会社「SMS」で働くも8ヶ月で退職、2015年4月「VJPARTNER」を立ち上げ、日本とベトナムのビジネスを通じた交流のサポートをするまでに至る話をしました。そんな和島が学生たちに自らのこれまでのキャリアを振り返り伝えたいこと、就活解禁を前に伝えたいことを語ったのでシェアします。*一部、省略や編集をしていますがほぼ話した内容をそのまま掲載しています。】

まずは簡単な自己紹介から

シェアハウスにて大分大学の学生の訪問の様子。

簡単にですね私大学、駒沢大学という所を卒業しまして、そのあとアクセンチュアという会社に就職したんですよ。でここで2年半ぐらい働きました。
そのあとオーストラリアでワーホリを1年8ヶ月ぐらい、そのあとSMSって会社で、日本にあるシニアマーケティングシステムって会社なんですけど、そこで働いていたのがまあだいたい8ヶ月ぐらい、「VJPARTNER」っていうまあ私がやっている会社を始めたのが2015年の4月なんで、だいだいまあ一年ぐらいで今に至ります。
まずですね、あの〜アクセンチュアって会社、これからみんな就活ですか?、3年生は就活?

「明日からです!」(学生の反応) あ〜そうか解禁か

僕、アクセンチュアって会社で働いていたんですけど、自分でいうのもなんですけど、結構大きいコンサルティングの会社でまあ結構、駒沢大学から行くのはまあ超零細中堅私立なんであんまりいなかったんですけど、なんとかかんとか行けましたと!

なんとかかんとか行けまして、でアクセンチュアで働いていたんですけどまあ2年半ぐらい経ってこうすげえ毎日こうやってパソコン打って大変だなあと思いながら、仕事してでえ〜竜田唐揚げ弁当の話とか聞きたいですか?

「竜田唐揚げ弁当」を食べた翌日、アクセンチュアを辞める

なんかこう会社行って、あの六本木ミッドタウンっていうでっかいビルがあってそこで仕事してたんですけど、12時になると東京タワーが消えるんですよ!
「あ〜今日も東京タワーが消えるなあ、そろそろ終電なくなるわ、帰らなきゃ!」と思いながらこう駅まで行って電車に映る自分を見ながら「あ〜疲れたな」と思いながら地元の駅まで帰り、でオリジン弁当っていうのがあるんですけどお弁当屋さんが、そこで竜田唐揚げ弁当頼んでたときに
「この竜田唐揚げ弁当待てよ!」そのお店に入って竜田唐揚げ弁当が食べたいって思って竜田唐揚げ弁当頼んだんですけど、あの〜なんでこんな話してるのか分かんないんですけど、で「いや待てよ、この時間に帰ってきてるから、お前買えるものが竜田唐揚げ弁当しかなくて今竜田唐揚げ弁当頼んでる。」
要するに前の土日に仕事に行かずにスーパーに買い物行っていたら自分の家の冷蔵庫に何か食いもんがあったはずだ!さらに言うならばこのプロジェクトに入らなければ「もっと有意義な生活をしていたんじゃないか」

さらにいうなら「この会社に入らなければ、結果今この竜田唐揚げ弁当が自分で選んだような気になっているけれどもずいぶん前の自分に選ばされていたんじゃねえか」

みたいなことをオリジン弁当で考えまして、これはちょっとこの調子でいくと来年の今頃とか2年後、3年後の今頃に「あ〜あれが食べたいなあ!とかなんかアルゼンチンでひよこ豆のよく分からないカレーみたいなやつとか食ってるとかたぶんねえだろうなあ」と思って、
これはちょっと先まあまあ読めてつまんねえなあと思って辞めました、次の日に!

オーストラリアへワーホリ、マレーシアにインターンへ!


辞めて、でまあちょっと生意気なんですけど毎日超働いてたのと休み全然なかったんでお金使う機会もそんなになくすごくお金が貯まってたんですよ!まあすごくお金貯まって

意外とこういうの教えてくれる人はたぶんいないんで、参考になればなあと思うんですけど、

300万円あったらオーストラリアで何もしなくても余裕で一年ぐらい生きていけるだろう!」

と思いオーストラリアにワーホリに行きましてまあこの間はだいたいダラダラ遊んでたんですけど、まあそしたらこの遊んで〜遊んでいたとはいえ英語もいろいろしゃべれるようになったりだとかしました。

このSMSっていう所、マレーシアとかアジアの15カ所ぐらいにいろんな支社があるんですけど、そこでちょうどマレーシアの拠点の所でこう社会人経験があってちょっと3ヶ月ぐらいで新規プロジェクト立ち上げられるような
ちょっとお金あんまり払えないんだけどインターンしに来てくれる人がいないかって話が舞い込んできましてまあ一応もともと社会人経験もあったのでじゃあそこでちょっと海外でというかアジアで働いたこともないので「やってみますか!」ということでマレーシアに行きましたね!

マレーシアで世界一周を決意!でも向いてなかった

マレーシアに行ってそこで3ヶ月働いてえ〜ともともとこうよくあるパターンなんですけどあの〜海外に行った人の思考回路的には、「世界一周に行きたいなあ!」みたいなだいたい行きたいとか思ったことある人? 2人。
だいだいこれもうあの〜海外出たことある人だったら「一回ぐらいこう世界のいろんな所みなきゃいけないなあ」っていう観念に駆られて「行きてえなあ」と思い始めるんですけど僕もまあご多分に漏れずそう思ってフランスに行ったわけです。
でこのフランスからこうやって南下しながらいろんな国を回ってこうヨーロッパ、アジア、そういう風に行こうと思ってフランスに行ったんですけれども一人旅、2,3ヶ月してたらすごくつまんなくって一人で回るのが・・
なんか教会とか行ってもジーザスがずっとこれ、お土産やさん行ってもジーザスがずっとこれ(笑)「もうやってられない!」と
もうなんつうかまあ向き不向きがあるんだなあ!ってやってみて気づいた話なんですけど
ただまあ「世界一周に行きたいと思ってる人はこうごっそりと一年間バーンと生活して、お金を貯めてそれをやるために一年間使う、で途中で飽きてきてもそれをやり遂げるのはなんとかだからって言ってやっちゃうかもしれないですけど、僕ぶっちゃけ意外と途中でやめてもいいんじゃないかなあと思ってます」

なぜならそれをやるのは始めてだし向いてる向いてないのもやって始めて分かることなんで!

僕はやめました。

VEHO PRESSでアジアに一括プレスリリース配信!

VEHO Pressでは、ベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの4000を超えるメディアに、プレスリリースを配信することができます。 記事作成、各言語への配信、その他アジアでの広報相談も承っております!

見込める効果

  • アジアで現地で認知を通した売上の拡大
  • アジア現地の人材を獲得
  • 社員のロイヤリティ向上
  • 手間なくアジアで広報活動ができる
 

もっと詳しく

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IshiwataYudai

Yudai Ishiwata

明治学院大学国際学科→セブ島→ VEHO Works ベトナムの首都ハノイ、VEHOストリートで働いてます。 ハノイで二郎系ラーメンを探しています。情報提供よろしくお願いします。

-ベトナム・ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© VEHO PR BOX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.