ベトナム・ライフスタイル

現地で必ず食べたいベトナム料理8選

更新日:

ベトナム料理の大まかな特徴

今回は、数あるベトナム料理から、代表的で美味しい料理を「朝食/昼食・夕食/デザート」の3種に分けてご紹介します。

一般的な特徴・値段

ベトナム料理は基本的にあっさりした味わいで、日本人の舌にも合いやすいのが特徴です。

ものによりますが、今からご紹介する料理の値段は高くても35,000ドン(約170円)ほどでいただけます。

ローカルの料理店で値段があまりにも高い場合は、オーダーする時にディスカウントの交渉をすることをお勧めします。

しかし、観光地近くのお店の値段はたいてい2~3倍するものなので、諦めるか少し離れたローカル系のお店を訪れるといいでしょう。

また、箸とスプーンを使う際には、衛生面を考慮してティッシュでひと拭きしましょう。現地の人々も行う行為で、無礼とは思われないので安心して行いましょう。

 

パクチーを食べたくない時はどうする?

ベトナム料理を食べる際、大きく好き嫌いが分かれるのがパクチーです。

ちなみに、「パクチーを入れないでください」は北部と南部で言い方が変わり、

  • 北部だと”ドゥンチョーザウムーイ”
  • 南部だと”ドゥンチョーゴージー”

と言います。

ただ、ベトナム語は声調の発音が複雑で難しく理解されない場合があるため、パクチーの写真を見せて「NO」と言ったりバツ印を作るだけでもコミュニケーションは取れると思います。

他にも何か要望があれば、事前にグーグル翻訳とベトナム語のデータをダウンロードしておいて、翻訳したものを見せれば対応してくれるでしょう。

 

朝食にオススメのベトナム料理

①バインミー

バインミーはベトナム風のサンドイッチです。

サクサクのパンに、切り身やパテ状の肉・野菜やパクチーを挟んで食べます。

ベトナムにおいては一般的なソウルフードで、様々な場所で売られているのでベトナム料理入門者にはおすすめの一品です。

 

②バインセオ

バインセオは日本でいう”お好み焼き”のような料理です。

米粉と卵を焼き、そこに肉・モヤシ・海老・キノコなど様々な具材を入れて包みます。

タレにつけていただくベトナムの庶民的なおやつで、朝食でも食べやすい料理だと思います。

 

昼食・夕食にオススメのベトナム料理

③生春巻き(ネム)

ベトナムの春巻きは日本で食べられるものとは大きく異なります。

乾燥したライスペーパーや蒸されたライスペーパーを使い、海老・レタス・ニラ・パクチーなどを巻いて食べるのが一般的です。

そのまま食べるもよし、各種ソースや魚醤に食べると”味変”を楽しむことができるでしょう。

 

④揚げ春巻き(ネムザン)

先程の生春巻きの具材をみじん切りにしたものを混ぜてライスペーパーで巻き、油でこんがり焼いたもの。

写真の左上にあるのがそれです。

生春巻きの柔らかな触感とは違い、ホットでパリパリとした食感がたまらない一品です。

ベトナムの米粉でできた麺「ブン」と一緒にソースにつけて食べても美味しいでしょう!!

 

⑤フォー

フォーはベトナムの伝統的な平たい米粉麺を指し、そこに牛肉や鶏肉を乗せてあっさりめのスープでいただく一品です。

牛肉のものを「フォーボー」といい、鶏肉のものを「フォーガー」といいます(写真のものはフォーボー)。

たいていお店には小切れになったレモンが置いてあるので、その絞り汁をかけるとより美味しくなります。現地の人はほとんどの確率でレモン汁を付き足している印象です。

どちらも美味しいですが、筆者のおすすめは油と出汁が効いているフォーガーです。お試しあれ。

 

⑥ブンボーフエ

先程ご紹介したフォーは平たい形状が特徴ですが、ブンは日本のラーメンのように円形であり異なります。

ブンボーフエには様々な種類がありますが、辛めのスープが特徴的で、牛肉や揚げ豆腐が入っています。

滞在中に様々なお店を訪れて、様々なブンボーフエを味わうこともベトナム旅行の楽しみ方です。

 

⑦空芯菜炒め(ラオムォンサオトイ)

空芯菜を油とニンニク片で炒めた料理です。

現地の居酒屋(ビアホイといいます)などで注文でき、基本的に写真のような辛子は入っていません。

筆者はベトナムに来て半年が経ち色々な料理を試しましたが、ベトナム料理で一番好きなのがこの料理です。

冷たいビールも頼んで、あったかいご飯と一緒に流し込むと最高です。

お店や量にもよりますが、こちらも30,000ドンほどで注文できるので、ベトナムに来た際には絶対にトライしていただきたい料理のひとつです。

 

デザートにオススメのベトナム料理

⑧チェー

チェーには冷たいものと温かいものがあり、寒天・果物などに加えて、豆類やタピオカなどを入れて食べます。

チェーの具材は様々で、好きな具材をオーダーできる店もあるため、気になったものをトッピングしてみるといいでしょう。

冷たいチェーでは、細切れにされた氷を上からかけていただくため、かき氷のような感覚で楽しめます。

 

まとめ

いかがでしたか?

ベトナム料理は本当に様々な種類があるので、これら意外のベトナム料理を探してみるのも面白いでしょう!

これを機に、ベトナム料理の奥深さを楽しんでみてください!!

VEHO PRESSでアジアに一括プレスリリース配信!

VEHO Pressでは、ベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの4000を超えるメディアに、プレスリリースを配信することができます。 記事作成、各言語への配信、その他アジアでの広報相談も承っております!

見込める効果

  • アジアで現地で認知を通した売上の拡大
  • アジア現地の人材を獲得
  • 社員のロイヤリティ向上
  • 手間なくアジアで広報活動ができる
 

もっと詳しく

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kazuki Hori

Kazuki Hori

「3度の飯より10度のプロレス」を謳う重症患者のプロレスファン。 2019年8月よりハノイにて留学を開始。 マーケティングの勉強をキッカケにVEHO Worksにインターンとして参加、PR BOXの管理を任され現在に至る。 好きなレスラーは”世界一性格の悪いプロレス王”こと”鈴木みのる”。

-ベトナム・ライフスタイル
-, , ,

Copyright© VEHO PR BOX , 2020 All Rights Reserved.