広報お役立ち情報

【徹底比較】プレスリリリースの方法と費用対効果

更新日:

こんにちは。
これまでの記事を読み、皆様はプレスリリースを発信し、自社の活動を世間に広めるということがいかに重要であるか、ということに気が付かれたかと思います。ここ、ベトナムにおいてもその重要性は変わることはありません

プレスリリースをメディアへ届けるプロセス

プレスリリースをメディアに送るプロセスは大きく分けて2つあります。
1つは企業が直接メディアへ送る方法。そしてもう1つはプレスリリース配信の代理店を通す方法です。

①直接メディアへ送る場合

まずメディアへ直接プレスリリースを送付する方法ですが、これはシンプルなプロセスです。
まず企業が自身でプレスリリースを作成し、各メディアへ送付すること。
簡単そうに見えますが、プレスリリースは送ればいいというものではなく、記事として掲載されなければ全く意味がありません
これは前回も述べたかもしれませんが、プレスリリースというものは送っても載るとは限りません。
記者が価値を感じたら記事として載ります。
そのためには、うまくプレスリリースを作成したり、適切なメディアリストを作成したり、時間をかけてメディアとの関係を構築することがなにより重要です。
普段からいいネタを提供していたり、特ダネを提供したり、何回も記事にしてもらっていると、記事に載りやすくなるのはメディアとの関係が築けているからなのです。

②プレスリリースの配信代理店を通す場合

これは代理店がプレスリリースの配信を一手に請け負ってくれる方法です。
配信のみならず、原稿の作成を代行してくれる代理店もあります。
企業が自身で作成、または代理店が記事に載りやすいプレスリリースを作成してくれて、代理店が自社のメディアリストを用いて、適切なメディアへ配信してくれます。
メディアとの関係構築も代理店がしています。
なので、企業はこのプレスリリースを通してどのような企業像を演出したいかを伝えたり、記事がどの様なメディアに載って、どのような反響があったのかを分析するだけでいいのです。

これが簡単にまとめましたが、大きな違いです。一番難しい部分を代理店が引き受けてくれるので、企業側の負担はずっと少なくなります。
プレスリリースの配信は日本でも結構な手間になりますが、ベトナムでは言語や文化の違いから、比較にならないほど時間と手間がかかります。
それがベトナムで広報活動が盛んではない理由です。
しかし、だからといってやらなくては良いという認識は誤りです。企業が自社の活動を社員や投資家、世間というステークホルダーに伝えることは企業としての義務であり、言語や文化の違いを言い訳に逃れることは許されません。

アジアでのプレスリリース 配信は「VEHO PRESS」に!

「広報活動したいけど、そんなに手間や時間はかけられないよ」という企業の要望に応える形で「VEHO PRESS」は誕生しました。
弊社はプレスリリースの作成・配信サービスをベトナム・マレーシア・タイ・ミャンマー・フィリピン・インドネシアのアジア6カ国に展開しております。
ベトナムメディアを含む1200社を超えるメディアリストの中から選定し、配信しています。

加えて、よりベトナムマーケットへアプローチできるように、原稿作成代行や日本語からの翻訳、配信後のメディア掲載調査などのオプションの拡充に努めています。


VEHO PRESSの価格と費用対効果

顧客が自社でプレスリリースを作成・翻訳し、配信を依頼する配信サービスのみは490ドルで承っています。
その他のオプションとして原稿作成代行(180ドル)、翻訳サービス(90ドル)等があります。
ここから弊社顧客のA社を例に、費用対効果の例を説明していきます。
A社は弊社に「原稿作成代行・翻訳・配信」という3つのサービスを依頼され、その際の金額は「760ドル」でした。
弊社は1200のメディアリストを所有しておりますが、送付先の選定後は100社前後にプレスリリースを送付し、掲載率は約10%になります。A社はプレスリリース配信後、日越のメディア8社に掲載されるに至りました。

ベトナムの新聞に記事を載せる場合、大きいメディアだと700ドル前後の費用が掛かります(下記参照)。
しかし、弊社はメディアの大小にかかわらず、何社に載っても配信料の490ドルしかいただきません。
当然ですが、掲載後A社は次回のプレスも約束してくれました。

ベトナムメディアのB社に依頼する場合の金額

(単位:1000ドン)

ベトナムメディアのC社に依頼する場合の金額

(単位:100万ドン)

費用対効果についてもっと見たい方はこちら

どうですか?弊社サービスの費用対効果の高さがお分かりいただけましたか?
悩んでいる方は1本からでもまずはプレスリリースをうってみると良いと思いますよ!

VEHO PRESSでアジアに一括プレスリリース配信!

  VEHO Pressでは、ベトナム、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの4000を超えるメディアに、プレスリリースを配信することができます。 記事作成、各言語への翻訳、その他アジアでの広報相談も承っております!

見込める効果

  • アジアで現地で認知を通した売上の拡大
  • アジア現地の人材を獲得
  • 社員のロイヤリティ向上
  • 手間なくアジアで広報活動ができる
 

もっと詳しく

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
IshiwataYudai

Yudai Ishiwata

明治学院大学国際学科→セブ島→ VEHO Works ベトナムの首都ハノイ、VEHOストリートで働いてます。 ハノイで二郎系ラーメンを探しています。情報提供よろしくお願いします。

-広報お役立ち情報
-, , , , , ,

Copyright© VEHO PR BOX , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.